桜、舞い、散る

ども、やじです。

3月最終日、大変お世話になった人の告別式に参列してきました。

家を出て、駅に向かう道の桜並木が満開でした。

ひさしぶりに満員電車に乗り、小一時間かけて最寄駅に到着。

待ち合わせしていた旧知の人たちと、タクシーで会場に向かいました。

葬祭場に着き、中に入ると、満面の笑顔が迎えてくれました。

その写真の下には、安らかに眠る彼女が。

享年45歳、早すぎる旅立ちです。

一緒に働いていて、時にやさしく、時に厳しく、いろいろなことを教えていただきました。

積み重ねてきた経験から、絶妙のタイミングでアドバイスをくださり、どれだけ助けられたことか。

失敗しても豪快に笑い飛ばして、励ましてくれる、すばらしい姉さんでした。

退職後にお子さんが生まれ、何度かメールのやりとりをするなかで、病気と闘っていることを知りました。

ただ、Facebook で見かける楽しそうな子育ての様子を見ていて、快方に向かっているものだとばかり思っていました。

突然の訃報…

いろいろなことがグルグルと頭のなかを駆け巡ったまま、お別れの場でひさしぶりの再会をしました。

「ママ、いなくなっちゃうんだよー」

お子さんの一言に、みな涙がこぼれていました。

桜、舞い、散る。

sIMG_2212

駅前の大きな公園では、満開の桜をたくさんの人が楽しんでいました。

人生にはいつか終わりがやってきます。

その日まで、一生懸命生きなければいけないことを、あらためて教えていただきました。

姉さん、いろいろとありがとうございました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です