土屋鞄のランドセルミニブック2016が届きました

ども、やじです。

sIMG_2636

『土屋鞄のランドセルミニブック2016』が家に届きました。

月日が経つのは本当に早いもので、順調に行けば大樹は来春、小学校に上がります。

小学生になるにあたって、6年間使うランドセルは、きちんとしたものを選びたい。

仕事柄、靴と鞄については普通より少し詳しいのですが、ランドセルについては何せ選ぶのがはじめてです。

ただ、そんな私でも、「土屋鞄のランドセル」だけは、なぜか頭にインプットされていました。

そこで少し気が早いですが、土屋鞄の公式サイトを訪れてみました。

2016年分のランドセル予約開始は6月26日からで、カタログ配布は6月中旬からとのこと。

それに先駆けて、ランドセル作りへの想いを綴ったミニブックを配布中と知り、早速オーダーしました。

sIMG_2640

そして届いたのが、これです。

ミニブックの表紙をめくると、土屋鞄の社長さんの手書きのメッセージから始まります。

そこには、ランドセル作りにかける情熱と、ランドセルを使ってくれる人々への感謝が綴られています。

冊子には、職人さんが真剣にランドセルを作っているところや、土屋鞄のランドセルを愛用している家族や子どもたちの笑顔の写真がたくさんあります。

とてもあったかい温もりが感じられるミニブックです。

sIMG_2641

“大切にしているのは、丈夫さと、凛と落ち着いた佇まい”

土屋鞄のランドセルは、とてもシンプルです。

ステッチの色を変えたり、型押しのデザイン柄が入ったりといったことがありません。

やじは、そういうシンプルなモノに、キズが入ったり、シミができたりして、次第にその人だけのモノになっていく感じが好きです。

だから、土屋鞄のランドセルに強く惹かれています。

6月中旬に、製品カタログと素材の見本帖が届く予定なので、今から楽しみに待ちたいと思います。

>>土屋鞄のランドセル2016公式サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です