“先輩”のお宅に遊びに行ってきました

ども、やじです。

旧ブログで何度も登場している大樹の親友、通称“先輩”のお宅に遊びに行ってきました。

前回、“先輩”ファミリーに会ったのは、去年の7月にわが家に遊びに来てくれた時、さらにお宅にお邪魔したのは5月と、約1年ぶりの訪問でした。

ひさしぶり過ぎていろいろ変わっていた

これだけブランクがあると、家具の配置が変わっていたり、新しいインテリアが増えていたり、テラスのバーベキューセットが豪華になっていたりと、いろいろ変わっていました。

子どもたちも成長していて、上のお兄ちゃんは背が伸びて大人っぽくなり、真ん中のお兄ちゃんはサッカーで揉まれてたくましくなっていました。

ただ、先輩と大樹は、年長さんらしいところもありつつ、やっぱりおバカなところもあり、ブランクを感じさせないくらい、あいかわらず仲良く遊んでいました。

大人たちはそんなこんなの積もり積もった話がいろいろあって、ずーっと話しっぱなしでした。

あまりに楽しすぎて、美味しい手料理も、仲良く遊ぶ子どもたちの姿も、写真に撮るのを完全に忘れていましたorz

返ってきた本

で、先輩のママが「あー、そうだそうだ、これ返さなきゃ!」と言って、持ってきてくれたものがありました。

sguamhon

グアム本2014!

そうそう、あーちゃんの妊娠が判明する前に行こうと思って、奥さんが買っていたグアム本を貸していたのでした。

先輩一家はグアムを満喫したそうで、楽しそうな写真をたくさん見せてもらいました。

わが家は大樹が生まれてから3回グアムに行っています。

やじも奥さんも大樹もグアム大好き!

もう毎年でも行きたいくらいですが、やじの入院やあーちゃんの出産があって、予定を立てても、ことごとく延期になっていました。

ぼんやりしていたグアムへの想い。

それが、このグアム本が返ってきたことで、またフツフツと舞い戻ってきました。

大樹が小学校にあがる前で、あーちゃんが歩けるようになった頃、なんとしてもグアムに行きたい!

仕事に復帰して、最初の長期休暇をグアムにしようと心に誓ったのでした。

ありがたい関係

やじ家と“先輩”のご一家とは、10年以上のお付き合いになります。

いつも、“先輩”パパ&ママといろいろな話をすることで、やじも奥さんも、心を軽くしてもらったり、前向きな気持にさせてもらっています。

子どもたちの成長もお互いに楽しみで、特に“先輩”は、大樹にとって親友と呼べるようなお友だちです。

それはまさに“ありがたい関係”です。

「ありがたい」は「有り難い」と書きます。

そこに「ある」のが難しく、めったにないことだから、貴重だし、感謝する。

ひさしぶりに“先輩”のお宅におじゃまして、そんなことを強く思いました。

いつもウェルカムで迎えてくれることに、感謝です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です