ママをねぎらう

ども、やじです。

パパにできること、パパにしかできないこと、パパがしてくれたら最高なこと、それはママをねぎらうことです。

How to ママをねぎらう

やじが思いつくことをいくつかあげてみたいと思います。

◆今日あったことを聴く
◆ママに共感する
◆感謝を言葉にして伝える
◆手紙を書く
◆子どもにママへの感謝を教える
◆ママの状況を理解する
◆ケーキを買って帰る
◆ママの自由時間を作る

子育てはどちらがというわけでなく、パパとママが協力しておこなっていくものです。役割分担を明確に決めている方、そうでない方といろいろでしょうけれど、多くのご家庭で子どもと一緒にいる時間が長いのはママだと思います。

最初のころは授乳という大仕事があるので、ママは子どもとほとんど離れられません。また、その後も身の回りの世話はママがしているということが多いでしょう。

子どもと24時間向き合うというのは、ものすごく大変なことです。

パパは仕事=子どもと離れられる時間があるという点で、ママとは精神的負担に絶対的な差があるということを、日頃育児をしているママや育休を体験したパパが口をそろえて言います。これはやじもその通りなのだろうなと思います。

それだけにパパがママをねぎらうことで、ママの精神的負担を少しでもやわらげてあげられるとしたら、それはママにとって最高に嬉しいことでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. yuiママ より:

    1 ■無題
    あぁゥチの旦那にも読ませたい…。。。
    http://ameblo.jp/keriyui/

  2. 夢みるイクメン より:

    2 ■そのとおりですね。
    ママをねぎらう。
    パパにとって大変大事なことですよね。
    ただ、わかっていても、うっかり忘れてしまう。
    行動にできないというのが現状でして・・・。
    修業中です。
    http://ameblo.jp/fsbb/

  3. さぉぴ より:

    3 ■無題
    ペタ、ありがとうございますっ♪
    ・・・素晴らしい(*´ω`人*)
    みんながやじsanみたいな旦那さんだったら、この世の中輝かしい未来になるコトでしょうっ☆彡
    世の男性諸君にこの記事呼んでおいてもらいたいくらいですっ(・艸≦*)
    http://ameblo.jp/saop-blog/

  4. piromon より:

    4 ■なんとなく
    そうしてもらったという記憶はあんまりないですがそれ程不満にも思わないということは多かれ少なかれそうしてもらっているのでしょうね。
    http://ameblo.jp/piede/

  5. 咲夜 より:

    5 ■確かに…
    前に1度、普通に朝から仕事に行き、夜帰るという普通に過ごしていたら、俺の方が圧倒的に遊んでる!
    と泣かれた事があります。
    今では、今日は見てるから『買い物行ってきな!』とか、少しでも外に出れるように誘うようにしてます。
    http://ameblo.jp/yk0725/

  6. やじ@0歳児の子育てパパ より:

    6 ■Re:無題
    >yuiママさん
    偉そうなこと書いていますが、どこまで実践できるかは
    まさにこれからって感じです。
    頑張りまっす!
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  7. やじ@0歳児の子育てパパ より:

    7 ■Re:そのとおりですね。
    >夢みるイクメンさん
    えぇ、まったくその通りだと思います。
    やじも修行中です^ ^;)
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  8. やじ@0歳児の子育てパパ より:

    8 ■Re:無題
    >さぉぴさん
    いやぁ、そんな風に言っていただけると、くすぐったいです。
    やじもまだまだこれからなのですよ。
    輝かしい未来のために頑張りまっす^ ^)
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  9. やじ@0歳児の子育てパパ より:

    9 ■Re:なんとなく
    >piromonさん
    嫌なことは記憶に残りやすいと言いますから
    それが無いというのは素晴らしいですねぇ。
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  10. やじ@0歳児の子育てパパ より:

    10 ■Re:確かに…
    >咲夜さん
    意識的にそういう時間を作ってあげられると
    奥さんも息抜きが出来ていいですね。
    咲夜さんを見習いまっす!
    http://ameblo.jp/otooooosan/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です