悔し涙

ども、やじです。

今日はオリンピックのフィギュアスケート一色の一日でしたね。キム・ヨナか浅田真央か。朝からどの番組でもこの話題を取り上げていました。

結局、金メダルはキム・ヨナに決まり、真央ちゃんは銀メダル。インタビューでの涙がとても印象的でした。

その涙を見て、ちょっと子どもの頃のことを思い出しました。

たぶん5、6歳ぐらいだったでしょうか。母に連れられ妹と3人で何かの集まりでの旅行に行くことになりました。その行きのバスで、50代くらいのおじさんと将棋を打つことになりました。

当時、父から将棋を教わって、やじはその面白さにハマっていたんですね。しかも、たまに勝ったりすることもあったので(正確には父が負けてくれていたのでしょう)、軽く調子に乗っていたんだと思います。

おじさんとの将棋でも、1回ぐらいは勝てるだろうぐらいの気持ちでやっていたんでしょうけど、何回やっても勝てない。今考えれば勝てないのも当たり前なのですが、子どもですからそうは思わないわけです。

そして、しまいには悔し涙を流しながら、それでも将棋を打っていました。

その旅行の最後に、参加者が感想を述べる時間があったのですが、そこでおじさんは言いました。

「悔し涙を流している姿を見て、その純粋さ、ひたむきさに、心が打たれました」

当時は泣いたことが恥ずかしくて、何で大人はそんなことを言うのだろう、と思っていたのですが、今はそのおじさんの気持ちが少しわかる気がします。

悔し涙、なかなか流さないですよね。

悔し涙って真剣さの裏返しだと思うのです。ひたむきに何かを追いかけて、それでも届かないから、自然と溢れ出てしまう涙。

それぐらい真剣になれる何かがあるということは、すごく幸せなんだと思います。

そして、悔し涙を流した分だけ人は強くなれる。

真央ちゃんは次の大きな大会である世界選手権はもちろん、4年後のソチ五輪にも早くも意欲を語っているそうです。荒川静香が金メダルを取ったのが24歳ですから、チャンスはあります。

一回り成長した姿を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ☆happy⇒mama☆ より:

    1 ■無題
    アタシも真央チャンの涙に
    もらい泣きしそうになりました(;ω;)

    やじサンの将棋の思い出
    素敵ですね☆

    真剣だから流す涙。。。
    それでも届かないから
    悔しくて出てくる涙。。。

    アタシ、今朝旦那に対して
    悔し涙流しました(>д<)
    http://ameblo.jp/up-happy-up/

  2. るんご より:

    2 ■無題
    子どもの悔し涙ってぐっときますね。
    以前幼稚園の運動会で、リレーに負けた子が悔し涙を流すのを見て僕も心を打たれました。(ノ_・。)
    http://ameblo.jp/papabapapa/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です