カンガルーケアの危険性

ども、やじです。

昨日のニュースで、カンガルーケアの危険性について長崎で起きた事故とともに特集が組まれていました。すでにいろいろなブログで取り上げられているので、ご覧になった方も多いのではと思います。

「カンガルーケア」中に赤ちゃん呼吸停止 長崎の産婦人科医院

長崎市の産婦人科医院で昨年12月、出産直後の「カンガルーケア」(KC)中に赤ちゃんが呼吸停止し、現在、脳機能障害になっていることが2日、わかった。両親は訴訟を起こすことも視野に医院側と和解協議を進めている。

KCは母親が出産直後に一定時間、胸元で赤ちゃんを抱くことで、その様子がカンガルーの親子に似ていることから名付けられた。母子関係の向上や母乳育児の促進に有効とされる半面、実施中に赤ちゃんが低体温状態に陥って死亡したケースもあり、KCを推進する医師からも事前の説明とケア中の安全面の配慮を求める意見が出ている。

昨年12月9日夜、この産院で、同市の男性会社員(44)の妻(45)が長男を出産。両親らによると、男性院長と女性助産師はベッドに寝ていた妻に長男を抱かせたが、KCの効果や危険性の説明はなく、同意を求めることもなかった。 直後から長男のつめが紫色になり、手足も動かなくなったが、妻と長男が2人だけになることもあったという。20分後に妻の叫び声で院長らが駆けつけたところ、長男の呼吸は止まっていた。長男は市内の病院に救急搬送され、NICU(新生児集中治療室)で人工呼吸器をつけたままの状態となっている。

院長は取材に対し「KCの危険性も認識していたが、結果的には大変申し訳ない」と釈明。男性会社員は「病院の対応の不備など複数の問題が重なって起きた。原因を究明してほしい」としている。

KCは1978年に南米のコロンビアで保育器不足の対策として始まり、日本でも90年代後半から普及した。(msnニュース)

番組にも登場していたカンガルーケアに警鐘を鳴らしている久保田医師のサイト
には、さらに詳しい情報が載っています。

出産直後の幸せなひと時として、雑誌などにもよく紹介されているカンガルーケアですが、実際にはやり方を間違うと大変なことになるんですね。

医学的なことだとお医者さんや看護婦さんの言ったことを鵜呑みにしてしまいがちですが、病院によって持っている情報や技術というのはかなり違うものです。

何事もいい面ばかりでなく、リスクもきちんと把握するように、心がけたいところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ひとちゃん より:

    1 ■こんにちは
    はじめてコメントさせてもらいます。
    私も昨日ニュースで見ました。確かに危険だというのは病院からの説明はなかったんですけど、出産前に父から聞いてました。私の息子は低体重児でした。へその緒も首に一回転してたそうです。でも少しの間カンガルーケアをしました。その後別室にて立会出産してくれた旦那が30分くらい一人でおろおろしながら抱っこしてたそうです。テレビだとすぐに保育器にいれて体温調整すべきとあったんですけど、保育器ってそんなに設置されてないですよね。って思っちゃいました。子ども安全に大きくなるのって大変ですよね。
    ちなみにうちの旦那も子育てパパをしっかりやってくれてます♪
    http://ameblo.jp/canada0607/

  2. やじ@0歳児の子育てパパ より:

    2 ■Re:こんにちは
    >ひとちゃんさん
    はじめまして。初コメありがとうございまっす!!
    旦那さまが一人で30分ぐらい抱っこしてたというのはスゴイですね。
    子どもが健康に育つのって、いろいろ知れば知るほど
    奇跡なんだなと思います。
    http://ameblo.jp/otooooosan/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です