ポリオの予防接種

ども、やじです。

今日は大樹をポリオの予防接種に連れていってきました。

会場がちょっと離れた小学校だったので、車で奥さんと大樹を連れて行って、やじは会場の前で終わるのを待っていたのですが、ゴールデンウィークだからかパパさんが抱っこひもで連れてきている姿が多かったのが意外でした。

予防接種というのでてっきり注射なのかと思っていたら、ポリオはスポイトでワクチンを飲ませると知って、ちょっとびっくりしました。

ポリオウイルスは腸から体内に入り込みます。このとき腸の粘膜にあるlgA抗体という免疫物質が、ウイルスが体の奥深くまで入らないよう防御します。つまり、ポリオワクチンはlgA抗体をつくるために接種するので、ワクチンが腸まで到達することが必要。ほかのワクチンと違って、ポリオだけが飲むことになっているのはそのせいです。理想の接種年齢は生後3カ月から1才6カ月。6週以上の間隔で2回で受けます。(gooベビー

大樹は今回が1回目なので、あと1回受ける必要があるようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です