自宅難民

ども、やじです。

ちょっと気になる調査結果を見つけました。

o0390016010548757458

インターネット調査会社のアイシェアが、40代~50代のお父さんを対象に調査した自宅での過ごし方についてのアンケート
です。

そこで登場した言葉・・・

自宅難民

「一人になれる時間・場所がなかったり、家族とのコミュニケーションがうまくいかなかったりと、自宅での過ごし方に何らかの不満を感じている人」だそうです。なんともショッキングな言葉ですねぇ。

そして、驚くべきはアンケート回答者の半数以上(52.2%)が自宅難民だと答えている点。

・自分の趣味を楽しむ時間が無い
・自宅で一人になりたい
・自分の部屋が欲しい
・テレビで見たい番組が見られない
・妻や子供がうるさい
・自宅に居場所が無い
・リビングが占領されている
・家族とコミュニケーションがうまくいっていない
・帰宅しても夕飯が無い

上記に該当するようであれば、難民みたいです^ ^;)

まぁ、この辺は考え方しだいですよね。「欲しいけど無い」と考えるのか、「無くて当たり前、無くても気にしない」と考えるのか。前者の感覚が強いと自宅にいるのが辛くなりそうです。

それとこのアンケート、対象者を30代にしたら、また別な結果が出る気がするんですよね。やじ自身が30代だからかもしれませんが、40代・50代と比べると、家族とのあり方などについて、また少し違った価値観を持っている気がします。

みなさんはいかがですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です