ヒブと小児用肺炎球菌の予防接種が無料化の見通し

ども、やじです。

いつになく長文タイトルを付けてしまいましたが、ついに厚生労働省が重い腰を上げたようです。

厚生労働省は26日、子宮頸(けい)がんとインフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)、小児用肺炎球菌の3種類のワクチンの無料接種実施の財源となる基金設立のため、同日閣議決定した2010年度補正予算案に1085億円を計上したことを明らかにした。

臨時特例交付金として各都道府県に交付され、10、11年度の2年分の費用をまかなう。当初、来年度予算に盛り込む予定だった子宮頸がんワクチンの補助を含め、緊急対策として前倒しした。29日国会に提出する。

子宮頸がんワクチンの対象は、中学1年の女子を基本に高校1年まで。1人あたり3回接種。ヒブと小児用肺炎球菌の両ワクチンは0~4歳児が対象。0歳児は4回接種する。(YOMIURI ONLINE

この補正予算案が成立すれば、年内にも無料で予防接種が受けられるようになる見通しとのこと。現時点では来年度までの予算しか組まれていませんが、厚労省は予防接種法の定期接種に位置づけ、将来的に無料接種にする方向で検討しているそうです。

約10年前に世界保健機構(WHO)が無料接種化を勧告し、現在94カ国で無料実施されていることを考えれば、検討ではなく即決定してもらいたいぐらいですが、これまで為されなかったことを考えれば大きな一歩であることは間違いありません。

未来を担う子どもたちのために、定期接種化が実現することを切に祈ります。

【参考】途上国並みのワクチン行政(日経ビジネスオンライン)

子育てパパのこれでいいのだ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. yuiママ より:

    1 ■無題
    そうなんですか!

    それは勿論そうなって欲しいですよね-!!
    本当高いですもんね!
    http://ameblo.jp/keriyui/

  2. jujumatsudo より:

    2 ■無題
    お久しぶりです!トビです。子宮頸がんワクチンもぜひ無料化して欲しいですね。私はガン検診の再検査でウィルス感染が解り、二年の経過観察でやっと異形成が無くなりました。ただその間の不安といったら・・・。念の為ワクチン接種しましたが、16000円×3回・・・決して安くはないですよね。ワクチンで予防できるガン。無料化していない事が驚きです。

  3. やじ@1歳児の子育てパパ より:

    3 ■Re:無題
    >yuiママさん
    万が一、病気なってからでは遅いのですが
    全部受けるのにかかる費用を考えると、二の足踏んでしまいますよね。
    本当に早く無料化を実施して欲しいと思います。
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  4. やじ@1歳児の子育てパパ より:

    4 ■Re:無題
    >jujumatsudoさん
    ご無沙汰してまっす!
    なんとなく聞いてはいましたが、そんなに大変だったとは。
    病気は何でもそうですが、話で聞くのと当事者になるのでは
    雲泥の差がありますよね。
    特にガンは言葉を聞くだけでゾッとします。
    ワクチンで防げるなら、定期接種化をぜひしてほしいと思います。
    貴重なコメントに感謝ですm(_ _)m
    http://ameblo.jp/otooooosan/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です