星のや 1日目

ども、やじです。

今回の休暇を軽井沢にした一番大きな理由は、ここに泊りたかったからでした。

o0298040011313175841

星のや。

リゾート再生事業などでよく紹介される星野佳路氏が手掛ける星野グループの本丸です。NHKのプロフェッショナルという番組でその存在を知って依頼(先ほど調べてみたら初回の放送で2006年1月10日でした)、ずーっと泊まりたいと思っていたのです。5年越しの念願がようやく叶う日が来ました。

o0400026711313156441

エントランスで簡単な受付を済ませて、車を乗り換えます。

o0400026711313156442

送迎は「星のやキューブ」です。

o0400026711312563647

温泉施設「トンボの湯」の前を通り抜けて

いよいよ敷地内へ。

o0400029811313187300

着いた時はこんな天気。キューブの写真を見るとすごくいい天気っぽいですが、実は晴れた翌日に撮ったものでした。

星のやには3種類の部屋があります。その中で最も星のやを象徴するのがこの水辺の部屋です。しかし、路地から部屋が丸見えだったりということもあり、今回は谷の地形を生かして斜面の高台につくられた山路地の部屋を選びました。

o0400026711312568934

部屋番号は315・・・サイコー・・・すみません。。

o0267040011312561220

お部屋には星のやからのサプライズが用意されていました。

じつは今回の旅行、6月が結婚記念日で今年で5年目ということで企画したものでした。星のやの予約時にそれを伝えていたら、こんな粋な計らいがあったのです。星のやオリジナルの発砲日本酒は、ほんのり甘くて上品なお味でした。

o0400026711317228611

お部屋でチェックインの間、大樹は広い部屋に大興奮の様子。縦横無尽に動き回って、ふかふかのお布団はこの後、見るも無残な姿になってました。

o0267040011312561221

テラスに出てくつろぐ奥さんと大樹。

o0267040011312561222

おっ!浴衣いいね!!

o0267040011317223091

なんて思ったのも束の間でした。。。

o0298040011317224738

これから夕飯に向かいます。

敷地内は作務衣・浴衣でOKなので、大変リラックスして過ごすことができます。ちなみにやじは作務衣姿があまりにもハマり過ぎていて、奥さんからは「ここで働いている人みたい」と言われる始末。

o0298040011317224739

ほのぼの親子。

夕飯は村民食堂というところでいただくことにしました。星のやは2泊以上の長期ステイを推奨していることもあって(1泊の予約は1ヶ月前から受付)、食事をいろいろな形でとれるようにしています。嘉助という日本料理あり、村民食堂というリーズナブル系あり、ルームサービスは24時間OK、という感じです。

o0298040011312571136

大樹はキッズプレートをバクバク食べてました。

このあと、チェアからあわや垂直落下というハプニングがありましたが、間一髪のところで片足をつかまえて、惨事にはならずに済みました。最近は本当に目を離せないやんちゃぶりです^ ^;)

o0298040011317229344

部屋に戻って、ヒノキ風呂。

大樹を寝かしつけた後、奥さんと晩酌する予定でしたが、お布団のあまりの気持ちよさに、そのまま眠りに落ちてしまったのでした。

つづく。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. JUN より:

    1 ■無題
    とっても素敵なところですね(^o^)/
    いつもいつもおしゃれなお店などを探しては行ってすご~い♪
    今度お勧めのお店教えてくださいね(^o^)丿

    結婚5年目おめでとうございます♪
    いつまでもかわいく仲の良い夫婦でね。。
    http://ameblo.jp/naturamam/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です