グアム旅行記2 3日目 前篇

ども、やじです。

グアム3日目。

いつも大樹のごあいさつから始まるグアムの朝ですが、今日は大樹が起きる前のお話から。。。

早朝。

ママとわが子の寝顔を横目に、パパは一人ムクッと起き上がり、準備を整えて部屋を出ました。

軽いストレッチの後、静かに走り始めるパパ。

パパは2月末にフルマラソンに挑戦予定。

そう、パパはグアムでトレーニングを開始したのです。

まるでプロのアスリートのように。。。

なんて書くとカッコイイですが、じつは朝からランニングがてら、朝食を買いに行ったという話です。

行き先はプレミアムアウトレットで、お目当てはシナモンロール。

グアムで美味しいシナモンロールを調べると、評判のいいお店が2つ見つかります。

1つは前回行ったマイクロネシアモールのシナボン。こちらはアメリカのチェーン店のもので、あまーいのがウリ。

もう1つはアガニャにあるカップアンドソーサーのシナモンロール
。こちらは創業13年のグアムの老舗ベーカリーが作る独特の味わいで、ローカルにも人気があるとのこと。

奥さんが大のシナモンロール好きなので、これはぜひ食べたいぞと思ったものの、アガニャに行くにはレンタカーを借りる必要があったりと、なかなか大変。

そこでさらに調べて見ると、じつはプレミアムアウトレットの本屋併設のカフェに毎朝カップアンドソーサーのシナモンロールがデリバリーされているということを知り、ならば走ろうじゃないか!ということで向かうことにしたわけです。

重いカラダをどうにか動かして、走ること十数分・・・

o0300040011650515480

おっ!目的地が見えてきた!!

o0300040011650515482

めでたく本屋に到着。

o0300040011650515518

営業時間を念のためパチリ(土日に行く方はご注意を!)

o0300040011650515483

いたいた!!お目当てのシナモンロールちゃん!!

あれもこれも全部美味しそうに見えて、ついつい欲張っていろいろ買ってしまい、店員のおばちゃんには素敵なスマイルいただきました^^)

o0400030011650515481

さて、ホテル(真ん中の白い建物)に戻るか。。。

また十数分走って無事ホテルに到着。

ここでトラブル発生。

部屋に着いて、カードキーを差し込んだが、カギが開かない。

ん?なぜだ??と思いながらカギを何度も抜き差しするが全然ダメ。

ドンドンとドアを叩くが中からは応答なし。

そうだ、携帯だ!!ということで電話をかけるが、誰も出ない。

部屋の電話は大樹がイタズラするので電話線を抜いてしまった。

ここで、ドアにかけて出た「起こさないでください」の札が「掃除してください」に変わっていることに気付き、まさか奥さんと大樹は掃除されてしまったのか?!なんてことを考え始める慌てよう。

約10分が経過。

もう一度カギをガシャガシャ、ドアをドンドン、ガシャガシャ、ドンドン、ガシャドン、ガシャドンするも、やはり応答がない。

もう一度携帯をかけると、奥さんが出た。

「ん?今どこ?」

よかったーッ!!と思いながら

「部屋の外だよ!カギを開けて!!」

・・・しかし、誰も出てこない。

おかしい、と思いなおして、よくよく冷静になったら、大変なことに気付きました。

14階ではなく、13階だった・・・。

そう、1フロア下の同じ位置にある部屋の前で、ガシャドンしていたのです。オーマイガッ!

血の気がサーっと引きつつも、誰も部屋にいなくてよかったー、と思いながら14階の部屋に行くと、ちゃんとバーロックをドアに挟んで奥さんがドアを開けてくれていました。

ウソのような、ホントの話^ ^;)

o0267040011650517201

おはようございます。

o0267040011650517198

さーて、朝食だ!!

o0300040011650517200

シナモンロール!!

o0300040011650656492

クロワッサンも!!

o0300040011650656493

甘ーいのも!!

o0267040011650517199

美味しいっす。

朝から大変な滝汗をかいてきたやじの苦労も知らず、大樹は結構なボリュームの朝食をペロリとたいらげ、満腹で幸せな朝を過ごしたのでした。

まだ、朝のことしか書いてないですが・・・つづく。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です