東京マラソン2012

ども、中一日の筋肉痛に年齢を感じるのがちょっぴり怖い、やじです。

一昨日、無事走り終えた東京マラソン。今回はその様子を振り返ってみたいと思います。

早朝5時45分、起床。

o0400026711820828325

朝食・・・トースト、バナナ、ヨーグルト、アミノサプリ、コーヒー

o0298040011820828321

いってきます!!

7時30分、新宿駅着。

たくさんのランナー達の波にのって都庁に向かいます。

o0300040011820830509

8時15分、手荷物預け完了。


o0300040011820828323

アップしているランナーがすでにたくさんいます。天気は曇。

o0400030011820828324

8時20分、スタートブロックJに到着。

早くもなく、遅くもなく、といった感じでしたが、ここからスタートの時間までが、寒さとの戦いです。およそ1時間、あまり動くこともできずに待たされるのは、非常に辛かったです。それでも雨というわけでもなく、、風もほとんど吹いてなかったので、コンディションとしてはよかったんだと思います。

o0300040011820830510

手には家を出るときに奥さんが書いた「FIGHT」の文字と、大樹の似顔絵。「頑張れ!」ではなく「頑張る!!」と大樹の気持ちを代弁するあたりがさすが。

o0400028311820891082

9時10分 スタート!!

やじがスタートラインにたどり着くまでは12分ぐらいかかりました。石原都知事にも手を振れました^ ^)

o0300040011820841495

さて、そのころ大樹は、こんな格好でいざ応援へ。

序盤は1Km7分ペースで3キロまで走り、そこから徐々にペースを上げて、5キロからは6分30秒ペースで走っていく予定でした。

が、寒さにヤラれて多くのランナーがトイレに駆け込んでいました。やじも4キロ過ぎでトイレストップ。軽くなったところで、家族が待つ最初のポイントへと向かいました。


o0300040011820911690

神保町にて。ここで少し暑くなってきたのでグローブを奥さんに手渡しました。

次に家族に会えるのは20キロ過ぎ。しばらく一人旅です。

右手に皇居を見ながら、順調にラップタイムを刻んで気持ちよく走っていたのも束の間、10キロ過ぎから右足に違和感が発生。飯田橋のあたりで中央分離帯につまづいて、右足で踏ん張ったのがいけなかったのか、と不安がよぎる。東京タワーが右手に見えてくるも、写真を撮る余裕はここですでになし。途中でもう一度トイレストップ。

o0300040011820830511

15キロ過ぎ。品川の折り返し地点。

その頃、大樹は・・・

o0300040011820830513

こんな顔してヨーグルトを食べていたみたいです。

さて、ここで完走までのラップタイムを確認してみます。

o0377037011820841491

ご覧の通り、20キロ過ぎからガクンとペースが落ちています。右足の違和感が痛みに変わり、21キロあたりからほぼ走れなくなりました。それでもまずは家族が待つ日本橋まで向かいます。


o0267040011820854446

パパ、少し遅いねぇ。

と、不安げな表情のところに、ようやくたどり着きました。

o0400026711820841494

「大樹ぃー!」と声をかけましたが、何だか恥ずかしそうでした。

5分ぐらい休憩をして、給食にあんぱんを食べて、気合いを入れなおしました。行けるところまで、行ってくるよ、と。

o0267040011820841492

チカラ無さ気な背中ですが、

o0400026711820854447

大樹はしっかりと応援してくれていたみたいです。ものすごいチラ見で。

片足を引きずりながら、とにかく1歩1歩前へ進んでいきました。

o0300040011820854449

浅草雷門前。

o0300040011820854448

こんな人たちがたくさん走っているのも、東京マラソンの楽しいところです。

ちなみに手前の赤と青のアロハ柄を着ている2人はディズニーのリロ&スティッチ(いずれも男)です。彼らとはゴールまでほとんど同じようなペースで進んでいて、いたるところで「リロ~!!」という声援を受けているのを聞いていたので、やじの中で今リロといったら、彼らが浮かびます。

t02200293_0300040011820858902

その頃大樹は、ゆりかもめの中で爆睡中。

14時過ぎに、奥さんたちがゴール地点に着いたとの連絡をもらった時点で、まだ32キロ地点。曇り空で寒い中、長いこと待たせることになって悪いなぁと思いながら、大幅に遅れることを伝えたのでした。

すでに小走りすらできない状態で、30キロ過ぎからは5キロごとに設けられている制限時間との戦いになりました。中でも35キロ地点は残り3分とギリギリの通過でした。

o0300040011820854452

で、ようやく40キロ。残り2キロちょっと、あとは気力です。

o0300040011820858903

パパ、もう来るかなぁ~。

o0400026711821014532

あ!来た来た!!

o0400026711820858904

あと少し!!

家族の姿が見えてホッとしましたが、顔が苦痛でゆがんでます。

o0400026711820858906

ゴーーールッ!!

左の方で両手をあげているのがやじです。右ひざを故障はしましたが、どうにか42.195キロ完走できました。いやー、キツかった!

ゴールの後はフィニッシャータオルやメダルなどをもらいながら荷物受取所まで向かいます。歩いている途中でどんどん股関節のあたりが硬直してきて、よくゴールまで歩いて来れたな、といった感じでした。実際、立てなくなってしまって、車いすでタクシー乗り場まで送ってもらっている姿を何人か見ました。

これ以上待たせるのも悪いので、更衣室などはスルーしてまっすぐ待ち合わせ場所まで進みます。

o0300040011820864090

大量の荷物や応援グッズを下げたわが家のベビーカーを発見!


o0300040011820862807

ただいまー!!大樹はメダルに興味津々といった感じでした。

初めてのフルマラソン。

東京がひとつになる日、を確かに感じた1日でした。

沿道で応援してくれる人たちには、たくさんのパワーをもらいました。スタートからゴールまで、頑張れのエールが途切れない。まさに驚きと感動でした。

また、たくさんの人とハイタッチをしました。途中からは余裕がなくなって、あまりできませんでしたが、それでも子どもを見かけたらできるだけハイタッチしながら走りました。

運営のボランティアの方々、沿道で応援してくれた方々、そして最後までゴールを待ってくれていた家族にお礼を言いたいです。

素敵な時間をありがとうございました。

【追伸】

で、少しでも興味をもたれた方には、フルじゃなくてもいいから、マラソンおすすめします。できることなら大会に出ることも。周りの方に「大会に出るんだ!」なんて宣伝をして、沿道で応援してもらうと、より楽しめます。きっと走った後のお酒も美味しいハズ^ ^)

いいですよー、マラソン大会。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. JUN より:

    1 ■無題
    お疲れ様でした~
    無事に完走!!
    近いうち生で感動をお伝えください(^-^)/
    楽しみにしてます!!!
    http://ameblo.jp/naturamam/

  2. やじ@2歳児の子育てパパ より:

    2 ■Re:無題
    >JUNさん
    いやぁ、まさかまさかの滑りこみゴールでした。
    走れない状態で20キロ以上残ってた時はどうしようかと思いましたが
    それでもリタイアだけはすまいという一心で頑張りました。
    応援ありがとうございましたッ!!
    http://ameblo.jp/otooooosan/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です