やじ入院してました

ども、やじです。

久しぶりの更新です。気付いたら、もう6月も半ば過ぎ。本当に時間が経つのは早いです。

o0300040012580873120

さて、タイトルの通り、じつは今月12日から1週間ほど入院していました。で、先日ようやく退院して、こちらの記事を書いてます。

病名は 肺気胸 といいます。肺に穴が開いてしまう病気です。

背が高くて痩せている人に多いと言われます。嵐の相葉くんやナイナイのやべっちが気胸になって、ニュースになってたりしましたね。

別名イケメン病…やじはまったく該当しませんが。。

100人に1人くらいの割合でなるそうで、知らない人は知らないけど、知っている人は知っている病気です。

治療法はいくつかの段階に分かれますが、やじが気付いた時には左肺が萎んで 1/3 くらいになってしまっていたので、自宅安静ではなく入院となりました。

まずは左脇を少しだけ切開し、そこにチューブを差して肺から漏れた空気を抜く。それで自然に穴が塞がればOK。もしダメなら、外科手術で穴を塞ぐ必要がありました。

で、数日後には無事自然治癒。1週間くらいの入院で済みました。

じつは…

もともと、会社の健康診断で肺にブラ(のう胞)という風船みたいな疾患があることを数年前から指摘されていました。セカンドオピニオン的に、かかりつけの内科で一度レントゲンを撮ってもらったこともありましたが、自覚症状が皆無の為、正直なところ「ブラがあるとどうなのか?」ということはあまり意識してきませんでした。

それが、今回このブラが破裂して肺に穴が開いたことで、ようやく事態が飲み込めました。さらに、気胸に関していろいろと調べていくことで、自分の身体についての理解を深めることができました。

ちなみにブラは一度破けると弱くなるので、またそこから気胸になる可能性があります。気胸を自然治癒した場合の再発率はなんと50%以上!このため、予防の意味で手術を受けてブラを取ってしまうことも検討していました。

で、CT を撮ってみたら・・・驚愕の事実が判明しました。なんと肺がブラだらけ!しかも、左肺だけでなく、右肺にもあることがわかりました。

レントゲンを見たお医者さんが「タバコを吸っているというのなら、わかるんだけどねぇ。ま、できやすい体質なんだろうね」と言うほど。ちなみにやじは自分でタバコを吸ったことはありません。

さすがにブラが多すぎますし、手術したからと言って、またできるかもしれない。先生も「今回が初めてだから、次になったら手術でいいでしょう」とのことなので、予防手術はしないことにしました。

それにしても、男なのにブラ…しかもブラだらけ…もはやブラ男(^ ^;


今後…

気胸は、ほとんど日常生活に制限はなく、気を付けたからと言って再発が予防できるわけでもありません。ここから先は完全に運としか言いようがないのが、なんとも微妙なところではあります。

明日再発するかもしれないし、何年も症状が出ないかもしれない。

胸に爆弾を抱えているわけですが、逆にそういう状態であることがわかったのはよかったと思っています。

入院中は、いろいろな病気と闘っている人をたくさん見かけました。やじは、ここまでこれといった大病を患うことなく生きてこれただけでも、感謝しなければいけないな、という心境です。

30代も半ばを過ぎて、身体に生じる少々のガタは仕方がない。今後はそれを早めにケアして、少しでも長く家族と楽しい時間を過ごしていきたいな、と思った入院でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. JUN より:

    1 ■無題
    こんにちは。
    大事に至らない病気でよかった…
    実は先日うちのパパも救急車で運ばれたばかり!!結果特に何の異常もなくただただ禁酒している毎日ですが(笑)
    お互い若いつもりがいいお年頃…
    健康第一で!
    http://ameblo.jp/naturamam/

  2. やじ@3歳児の子育てパパ より:

    2 ■Re:無題
    >JUNさん
    えーッ!そうだったんですか…。
    今回の件で、バリバリ運動とかしてて、超健康優良児のように見えて、ポックリ逝ってしまう予備軍だな、と痛感した次第です。
    本当に健康第一ですね。
    そうだ!今度、ノンアルコールビールを多めに持っていきますね!(←飲まなそうですけど^^;)
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  3. JUN より:

    3 ■Re:Re:無題
    >やじ@3歳児の子育てパパさん
    いまや毎晩ノンアルコールビールにのんある酎ハイです(o^-')b
    人間、生命の危機を感じるといろいろと変わってくるようです('-^*)/
    http://ameblo.jp/naturamam/

  4. 318 より:

    4 ■気胸!!
    痛かったのでは???
    入院すると色々なことに気づきますよねー(/。\)
    私も自分が病気になってはじめて健康の大切さにに気づきましたー!
    お大事にしてくださいね。
    無理しないことが一番ですよ!
    http://ameblo.jp/318blog/

  5. やじ@3歳児の子育てパパ より:

    5 ■Re:気胸!!
    >318さん
    お気遣いありがとうございます!
    気胸が痛かったというよりも、チューブが身体に入っている期間がつらかったです。この辺はかなり個人差があるみたいですが。
    健康第一、忘れないようにしないとですね。
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  6. やじ@3歳児の子育てパパ より:

    6 ■Re:Re:Re:無題
    >JUNさん
    おぉ!それは画期的!!
    次回のテーマは「ノンアルの中心で健康第一を叫ぶ」ですねw
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  7. YOU より:

    7 ■無題
    えっ!?入院してたんですか???
    私の父親も昔、肺気胸になり入院していた事があります。
    彼が盲腸になりおなかにチューブを1週間入れてた時は、おじいちゃんみたいになってました。
    お大事になさって下さい
    http://ameblo.jp/chai28/

  8. やじ@3歳児の子育てパパ より:

    8 ■Re:無題
    >YOUさん
    はい、入院してました(^ ^;
    やっぱり気胸って意外とメジャーなんですね。
    食事制限が無い分、盲腸よりは気楽でしたが、チューブが抜けるまで痛みでまともに眠れなかったのは辛かったです。
    何であれ、入院はできれば避けたいものです。
    http://ameblo.jp/otooooosan/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です