男の育児休暇の準備2 奥さんの説得

ども、やじです。

o0400026712971472130

育児休暇を取ろう、と決めたやじは、奥さんに相談することにしました。

やじ:「育休を取ろうと思うんだけど」

奥さん:「へぇ、いいんじゃない。どのくらい?」

やじ:「1年」

奥さん:「え!1年?!」

当然のリアクションです。

ただ、奥さんは反対はしませんでした。

そこで話し合ったことは、前回書いた3つのポイントです。

1、社会的に少数派になる覚悟があるか?

2、仕事のキャリアパスを描けるか?

3、金銭面を解決できるか?

1はどちらかというと自分のことなので、あまり話題には上がりませんでした。

2は奥さんがやじとおなじような仕事をしていたこともあって、わりとスムーズに理解をしてくれました。

問題は3です。

・育児休暇中は育児休業給付金という手当が支給される

・支給率は最初の180日が67%、以降は50%

・給付金の上限は67%のときで1ヶ月286,023円が上限

・社会保険料は免除(住民税は払う必要がある)

これが育休中の収入の概要です。

いずれにしても収入が減ることは免れませんから、そこをどう説得するか。

やじは、多少の持ち出しはあるにしても、それはまた稼げばいい。しかし、このタイミングは二度と訪れないかもしれない、ということを一貫して訴え、最終的には「お金には変えられない価値」に奥さんが同意してくれました。

もちろん、不安がないわけではありませんが、やってみて厳しければ早めに育休を切り上げて復帰する、ということも、選択肢の1つとして残しつつ、まずはやってみよう精神で育休を許可してもらいました。

貯金が減ることを心配する人は多いでしょうけど、お金は使うためにあるもので、その使い方が大事なのではと思います。

人生設計の中にそれを組み込めるかは、価値観次第です。

そういう意味で、奥さんと価値観を共有できたことはすごく嬉しかったです。

人が死が迫った時に後悔するのは、やったことではなく、やらなかったこと、だそうでです。

人生は1度しかありません。できることならやりたいことを全部やりたい。

そんなわがままを叶えさせてくれる奥さんに、本当に感謝です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. はなのとーさん より:

    1 ■無題
    素晴らしい!!

    うちは話し合いの結果ダメでしたよ(笑)
    http://ameblo.jp/hananotooosan/

  2. 咲夜#72 より:

    2 ■無題
    こんばんは。自分は現場職なので育休とれるような職場環境ではないのですが、育休は奥さんの辛さと子供の成長、自分の成長を感じれる大切な時間だと思います。1年なんてあっという間です。沢山の報告楽しみにしています
    http://ameblo.jp/yk0725/

  3. やじ@4歳児の子育てパパ より:

    3 ■Re:無題
    >はなのとーさんさん

    きれいにまとめてますけど、スンナリってわけでもなかったです。

    あとは奥さんが「わたしは呑気なのかなぁ」って言うくらいの人だったので救われてます(^ ^
    http://ameblo.jp/otooooosan/

  4. やじ@4歳児の子育てパパ より:

    4 ■Re:無題
    >咲夜#72さん
    男性の場合、職場環境にはかなり左右されますよね。
    この1年を大切に、そして有意義に使いたいと思います。
    http://ameblo.jp/otooooosan/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です