男の育休取得関連の書類

ども、やじです。

男性が育児休業を取るに当たって、書く必要がある書類をまとめてみます。

まず、会社で用意されている育児休暇の申請書を書きます。

o0400022212995449394

実際にやじが会社に提出したモノのコピーです。

やじの会社では、育児休業の申請は1ヶ月前までに届け出を出す必要がありました。この1ヶ月前というのは一般的なラインのようです。

当然、まだ子どもは生まれてませんから、要育児者は「名前未定」で続柄は「子」か(予定)と記入。他に、期間、申請理由、休業中の連絡先、を書きました。

以上。

拍子抜けするかもしれませんが、育休取得のために事前に必要な書類は、じつはこれだけです。

添付書類として、役所に届け出を出した後に「母子手帳の出生日を記載したページのコピー」が必要になりますが、これは生まれた後の話です。

つまり、紙切れ1枚出せば、手続き上は育児休暇を取れることになります。

正直、本当に休んで大丈夫か、と不安になるくらい簡単です。

それと、もう一つ大事なものがあります。育児休業給付の申請書類です。

育休中は、いくつかの条件を満たしていれば、雇用保険から育児休業給付が受けられます。

やじの場合は、子どもが生まれた後に会社に連絡して、書類を送ってもらいました。

o0400030012992843549

育児休業給付受給資格確認票・育児休業給付金支給申請書

漢字ばっかり24文字!

何やら難しいことが書いてあるみたいですが、わかりやすく言うと

「お金がもらえるかどうかの確認プリーズ!もらえるようであれば振込み夜露死苦!」

ということです。

ちなみにこの用紙、やじのように一部自分で記入する場合と、会社が全部やってくれる場合があるようです。

このあたりの手続については、在職中に人事などの関連部署に確認しておくといいと思います。

とにかく、これを提出しないことには育児休業給付を受けられませんから、しっかりネットで調べて必要事項を記入し、返送しました。

以上。

今のところ、やじが書いた育児休業関連の書類は、この2つだけです。

本当にあっさりしていて、不安になりますよ。

これで手続き大丈夫か?ってね。

それくらい、育児休暇を取るのに手続きで難しいことはないです。

あとは、会社関係で言えば、保険関連の書類が必要になるので、それも送ってもらって同時に書きました。

o0400030012992843550

娘を扶養に入れて、保険証をゲットだぜ!

育休中に必要な手続きが発生した時は、また備忘録を残していこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です