英語の勉強になるのかは疑問

ども、やじです。

大樹は「きかんしゃトーマス」が大好きです。

NHKのEテレでの放送を録画して、ほぼ毎日見ています。

だから、お話を暗記してしまっていて、トーマスのトミカで遊んでいる時は、一部始終を再現していたりします。

最近、その遊び中に話す言葉が、何を言っているのかよくわからない言葉になっているので、「大丈夫か?」と思っていたら、その理由が判明しました。

o0400030012995507138

大樹が1日30分と決めて見ている YouTube @ iPad。

大体、電車かトーマスなんですが、先日その履歴を覗いたら

o0400030012995507139

なんと、トーマスを英語で見ている!

トーマスのお話も英語バージョンですし、海外の方がアップしている子どもとトーマスのおもちゃで遊んでいる動画なんかも全て英語のを見ています。

そして、それをそのまま真似しているのです。

道理でよくわからない言葉になっているわけです。

ただ、だんだんと単語をはっきり発音するようになっていたりするので、そのまま見せ続けています。

少なくとも、耳は鍛えられるかな、と。

ときどき、説明を入れてあげたりすれば、英語の勉強になるかもしれませんが、これがいいのかどうかはわかりません。

でも、やじも子どもの時に、チラシの裏に必死にNHK教育テレビの高校数学の板書をひたすら書き写して、解答の途中であらかじめ準備されている数学の公式のボードが出てきて、書き写すスピードが間に合わなくなると「この人ズルいよぉ~」とか言っているおかしな子どもだったし、それをいまだに覚えているし、それが何か悪かったかといえば、そうでもない気もするので、本人が夢中になっている間は、しばらく様子を見てみようと思っています。

ちなみにやじはガチガチの文系で、数学ができるようにはなりませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です