東武博物館 プラレールフェスティバル

ども、やじです。

o0400030013014725795

墨田区東向島にある東武博物館に行ってきました。

お目当ては夏休みに合わせて開催されているプラレールフェスティバルです。

プラレールフェスティバルとは、タカラトミーが公式に開催するイベントで、プラレール博やトミカ博のミニチュアバージョンです。全国で開催され、限定品の販売もあるので、お近くでやっていたら、足を運んでみると楽しいと思います。

o0400030013014725797

プラレール公式イベントならではのジオラマ!

o0400030013014725794

バスと電車の間で行われているプラレールで遊べるコーナーに突入!

動力車を1人1台借りて、30分の入れ替え制で遊びます。

o0400030013014725796

大樹の動力車は貨物車レッドサンダー。

し、シブい・・・

さらに、となりのお友だちが遊んでいるのが、なんと大樹が欲しくて欲しくてたまらない廃番新幹線「400系つばさ」!!

でも、レッドサンダーは変えられません。

その結果、彼がとった行動は

o0400030013014726463

お気に入りの電車の中間車を片っ端から持ってきてつないでました(^ ^;

o0400030013014726461

このありえない列車に満足したのか、横から眺めて満足してました。

o0400030013014726464

一応、お約束ってことで、ドクターイエローにも乗っておきました。

プラレールフェスティバルとしては、他に「プラレール釣り」や「どきどき到着ゲーム」というプラレール車両がもらえるゲームがありました。

プラレール博に行ったことがある人にとっては、縮小版といった感じなので、物足りないかもしれませんけど、それでも子どもたちは楽しそうに遊んでいました。

ところでこの東武博物館、はじめて行ったんですが、じつは常設展示の方が充実していて、大樹もむしろそちらの満足度が高かったようです。

o0400030013014726462

ジオラマの電車を実際に動かせるシミュレーター。ブレーキをかけて、駅に停まった時は「やったぜ!」といった気分になります。

o0300040013015417976

SLもいます。

o0300040013015417422

けごん もいます。

o0400030013015417423

スペーシア の車内でゴキゲンです。

o0300040013015417424

ノスタルジックな電車もあります。

o0300040013015417648

大樹の運転・・・乗るのはちょっと怖いかな。

o0400030013015417645

かなり巨大なジオラマもあります。

o0300040013015417421

信号を動かして遊ぶこともできます。

他にも電車とバスのシミュレーターが何台もあって、かなり充実の内容でした。

そして、もっとも大樹が興奮したのが

o0400022513015417647

スペーシアだ!!

そう、実車が走っているのを足元から見ることができるのです。

「スペーシア来るかなぁ?」

「りょうもう号まだぁ?」

なんて言いながら、電車を待っている子どもたちは、みんなワクワク感でいっぱいの様子でした。

o0400030013015417646

電車が通るたびに、こんな感じです(^ ^

これで入場料が大人200円、子ども100円ですからね。コストパフォーマンスは最強です。

レストランなどはありませんが、かなり広い休憩所があって、お弁当などの持ち込みは自由なので、みなさんそこでお昼を食べてました。

入り口で言えば、再入場もできるので、外に出て買ってきてもいいと思います。博物館の前にはスーパーもマクドナルドもありますからね。

無料駐車場は12台。やじは10時ぴったりに着いて、残り3台の空きでした。土日だと早めの方が確実かもしれませんね。

鉄道好きのお子さんなら間違いなく楽しめます。夏休みや雨の日のお出かけには、もってこいの場所ですよ。

ちなみにプラレールフェスティバルは27日(日)までです。

>>東武博物館公式サイト

>>プラレールイベント情報はこちら(TAKARA TOMY公式ページ)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ルルア より:

    1 ■こんにちは♪
    どうも、こんにちは〇*とても素敵なブログですね!また、見に来ますね♪
    http://ameblo.jp/rurua-sm/

  2. やじ@2児のパパ&1年育休中 より:

    2 ■Re:こんにちは♪
    >ルルアさん
    ども、こんにちは!
    どうぞ気軽に遊びに来てくださいね!
    http://ameblo.jp/otooooosan/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です